HDDからSSDへ換装|WordPressブログ作成の高速化を検証

HDDからSSDへ換装|WordPressブログ作成の高速化を検証

HDDからSSDへ換装
WordPressブログ作成の高速化を目指す

パソコンの記憶装置であるHDD(ハードディスクドライブ)をSSD(ソリッドステートドライブ)へと交換する事でデータの読み込み・保存をスピードアップし、結果的にWordPressでの記事入力作業や記事の公開、画像編集などを快適に行う事が出来るのか検証しました。

  • 今までと全く同じ環境を維持したい
  • Windows10をSSDから起動したい
  • HDDはバックアップ、もしくはデータ保存用に使用する
ちなみに当方が使用するパソコンは・・

HP 8300SF Core i7 3770
Q77チップセット LGA1155ソケット
内蔵HDD WD10EZEX-07WNA0 1TB ← これをSSDに差し替えます。
外付けHDD MARSHAL&Prod_EXTERNAL_HDD USB3.0接続 1TB
中古で楽天で購入。2万だか3万だか4万だか忘れました。

さて、勘の良いPC通の方ならお分かりでしょう。
NVMe規格に対応していない、チップセットとマザボなんです!

NVMe規格にさえ対応していれば、M.2 SSDもしくはPCIe SSDを載せて超高速Windows起動が可能だったのですが、初期投資をケチったツケがこんなところに(笑)NVMe規格が必要なPCIeに接続するタイプのSSDは起動ドライブとして設定出来ない事が判明。素直にSATA3接続のオーソドックスなSSDを搭載するという妥協点に落ち着きました。今回起動ドライブとしてHDDから差し替えるのは以下のSSDです。2.5→3.5インチ変換ブラケットと、SATA3ケーブル1本も一緒に購入しました。

NVMe対応マザーならこちらが爆速でオススメ。
こちらはM.2スロットが必要です。

M.2スロットが無くても、PCIe3.0×4スロットが空いていれば
こういった、拡張スロットに刺すSSDも有ります。

※PLEXTORよりSamsungが総じて高速なようです。

【詳しくはボタンをクリック】

副業で即日収入・スマホで副業出来ます
【詳しくは画像をクリック】

主婦・女性に人気の在宅副業特集です
副業で1日1万円稼ぐには?|日給1万円稼げる安全副業・サイドビジネスで1日1万円を稼ぐ事は可能か?ネットが発達した現代では難しい事ではありません。 副業-スマホやパソコンで時給の高い在宅副業空いた時間に入力作業で稼ぐ事が出来る完全在宅型の副業ビジネスです。全国から応募お待ちしています。 副業の募集|契約金付き文字入力の副業「在宅副業」の募集。 副業で12万円~18万円 本業として月収35万円~50万円程度、18歳以上の方。 デコシール副業の募集|シール貼りの在宅副業女性・主婦NO.1人気の副業「やってみたい」「私にもできそう」と大変人気が高まっている副業です。
副業の募集|テープ起こしで高収入・契約金付き自宅の副業で稼ぎたい方を募集しています。時給換算で4200円~のテープ起こし・文章起こし業務です。在宅副業として月収50万円も可能。 副業の募集|封筒の発送業務で毎日1万円稼ぐ発送した時点で報酬が確定!ご自宅で”封筒の発送”をして頂く副業の募集。1通あたり1000円~高い単価が自慢の副業です。高齢者にも人気! 葉書発送で稼ぐ時給の高い副業副業としては高額の報酬も稼げる葉書の発送のお仕事。ご自宅作業~発送・1通あたり800円!副業で稼ぎたい方を全国から募集中! 副業の募集|塗絵製作の在宅副業-緊急募集在宅で副業をお探しの方、塗絵製作の緊急募集です。簡単な作業で報酬が高めな副業の為、とても人気が有ります。初心者の方も大歓迎!

HDDからSSDに換装
取付からHDDのクローン作成まで

PCのコンセントを抜き、放電します。
静電気にも注意して作業しましょう。

実際にSSDを取り付けます。
取り付けたら、起動ドライブ(C)の内容を丸々クローンコピーして、BIOSの起動ドライブ設定をSSDから起動するよう変更してWindows10が立ち上がるか試してみます。

HP8100/8300くらいの安価に中古で入手出来るパソコンでハードウェアのバージョンアップをしてゆくなら、上記3ページが大いに参考になります。

作業の順序は以下の通り。

  • SSDをマザーボードに取り付け
  • ケーブルを2本取り付け
  • HDDからSSDに内容をコピー
  • BIOS設定でSSDから起動を指定
矢印マザーボードにSSDを取り付け

SSDの取り付け位置

光学ドライブの下に、3.5インチベイが1つ空いています。
2.5インチ→3.5インチ変換ブラケットにSSDを載せ搭載します。

SSD本体はこちら
Samsung SSD 1TB 860EVO 2.5インチ内蔵型
まあー小さくて軽いですね。
本当に1TBなんて入るのか不安になるくらい(笑)

SSDにブラケットを取り付ける
オウルテック 2.5インチHDD/SSD用→3.5インチサイズ変換ブラケット
└このブラケットを使用

ネジ4本でブラケットにSSD本体を取り付けます。
所要時間 2分もあれば。
ブラケットごと下記の位置に差し込みます。
SSD用15ピン電源は最初から余っています。

SSDを3.5インチベイに取り付ける

矢印SATAケーブルと電源ケーブル取り付け

電源コネクタの左隣に、SATA接続コネクタが有ります。
これをマザーボードのSATA3ポートとSATAケーブルで接続。
SATA3(600)で接続出来ているか、要確認!
SATA2ポートだと転送速度は半分になってしまいます。
[PDF]8300シリーズリファレンス
└こちらで確認しておきましょう。

※誤って接続してしまってもWindows上でSATA2接続かSATA3接続か確認出来ます。
※上記メーカーリファレンス、コネクタ色などアテにならない部分も。

Crystaldiskinfo
CrystalDiskInfoでディスクの状態をチェック。
接続状況も判別可能です。

SSDにSATAケーブルを接続

サンワサプライ 下L型シリアルATA3ケーブル 0.5m
└綺麗に取り回す場合、50cmでは足りません。

SATA3ケーブルをSSDに取り付け、
マザーボードのSATA3ポートにもケーブルを刺します。

SSDからマザーボードにSATA3ケーブルを接続

このパソコンは購入した時にHDDがSATAポート1、光学ドライブがSATAポート3に接続されており、SATAポート2が空いていました。そのままSATAポート2に接続しましたが、後に確認したところSATA3(600)で接続出来ており、持っている性能を最大限発揮出来る接続が完了しました。

ついでに掃除しましょう!

せめて半年に一回は、ケースを開けてパソコン内部を徹底的に掃除する事をオススメします。冷却ファン周りや電源ユニット、前面パネルの裏側など埃を取り去って冷却性能の低下を防ぎましょう。

  • ブラケットごと3.5インチベイに取り付け
  • 元から有る15ピン電源を接続
  • SATA3ケーブルをSATA3ポートに接続

たったこれだけです。

※ブラケットを本体側にネジ留め出来ていませんが、ブラケットがキツキツにハマったので良しとしています。本来はブラケット横側のネジ穴に4本のネジで固定する必要が有ります。

矢印HDDからSSDに内容をコピー

さあーではSSDのフォーマット、
HDDからSSDへ中身丸ごとクローンに移りましょう。

SSDをフォーマットして、ソフトの指示に従うだけ。
簡単ですがフォーマット形式を揃える必要が有ります。

SSDをフォーマットする
MBRかGPT 大抵はMBRです

取り付けたSSDはフォーマットしないと認識されませんし、使用も出来ません。
SSDをフォーマットするにあたり、フォーマット形式を調べます。
クローン元とクローン先のフォーマット形式が違うと、起動しない恐れが有り注意が必要です。

MBRパーティションか?
GPTパーティションか?
クローン元のハードディスクを見てみます。
Windowsキー+xから「ディスク管理」を呼び出し。

ディスク管理 パーティション確認

調べたい部分で右クリックすると、
「GPTディスクに変換」と出ればMBR形式です。
「MBRディスクに変換」と出ればGPT形式です。

└MBR/GPTについて詳しく知る┘

基本的にはHP 8100/8300SFくらいの旧型パソコンのハードディスクであれば、間違いなくMBRパーティションです。今まで使っていたハードディスク(MBR)をSSDに丸ごとクローンするなら、MBR形式でSSDをフォーマットする必要が有ります。

└SSDのフォーマット手順┘

上記サイト様を参考にしてください。
もの凄く依存させて頂きました(感謝)

  • ディスク管理からフォーマットされていないSSDを選択
  • フォーマットを促される→MBRかGPTを選択
  • 初期化が終わったら、SSDを右クリックで「新しいシンプルボリューム」を選択
  • 最大領域確認、ドライブレター確認
  • このボリュームを次の設定でフォーマットする
    このままで構わない

こんな流れでSSDのフォーマットは終了です。
HDDからSSDへのクローンコピーの準備は整いました。

HDDからSSDへ丸ごとコピー
SSDを起動ドライブとして使用する

SSDへハードディスクの内容を丸々コピーして、そのSSDを起動ドライブとして使用するにあたり、コピーツールとしてEaseUS Todo Backup Free 11.0の無料版を使用させて頂きました。

同じ容量のHDD→SSDへのコピー出来ました。
コピー先の方が容量が大きい方が・・という記述は
当方の場合は当てはまりませんでした。

└大容量→小容量クローンについて┘

EaseUS Todo Backup Free 11.0をインストールして
HDDからSSDへデータを丸ごとコピーしましょう。

tado top

EaseUS Todo Backup Free 11.0を立ち上げ。
システムクローンは断られました(笑)
「クローン」で丸ごとコピー出来ました。

todo_source

ソース元を選択します。
内蔵HDD(1TB)を選択して次へ。

todo_target

コピー先ターゲットを選択します。
先ほどフォーマットしたSSD(1TB)を選び次へ。

ssd_kakunin

最終的な確認です。
コピー元HDDと
コピー先SSDの
選択が間違っていなければ、いよいよコピー開始です。

画面下部に、
SSDに最適化
└忘れずチェックしましょう
セクタバイセクタクローン
└チェックしない

└SSD換装・未割り当てなど対処┘

当方は上記のページ様を拝見しながら、
無事、HDD→SSDのクローン作成に成功しました。

矢印BIOS設定でSSDから起動を指定

では、いよいよBIOSの設定を変更して、
SSDを起動ドライブとして使用しましょう。

※BIOSで起動ドライブとして設定すると、自動的にボリュームが(C)ドライブとして設定されるようです。今まで使用していた起動ドライブ(C・ハードディスク)は自動的に(G)へとドライブレターが変更されていました。このHDDはバックアップに使うなり、抜き出して他のPCで使うなりしようと考えています。

HP 8300SFでBIOS起動
再起動~F10キーを何度か押す

HP 8100/8300くらいのPCのBIOSは
起動時に「F10」を何度か押す事で立ち上がります。

BIOS立ち上げ
「ストレージ」に移行します。

BIOS ストレージ
起動順序を変更します。

BIOS起動順序 SATA0
元々使用していた、SATA0ポートに接続されていたHDDが起動順序で最上位になっています。これを今回取り付け~クローンコピーしたSATA1ポートに接続されているSSDに変更します。

SATA0でリターンキーを押し選択、
カーソル↓キーでSATA0を下げます。
SATA1が一番上に来るようにします。

BIOS SATA1
SATA1(今回接続したSSD)が最上位になったら完了。
設定を保存して、BIOSを抜けましょう。

BIOS 設定を保存
保存→yesでBIOSを終了しましょう。

さあーいよいよSSDの速さの恩恵を受けられるか。
Windows立ち上げ所要時間や、書き込み/読み出しスピードも見てみましょう。

SSD(SATA3接続)のスピードは?
ベンチマークと体感速度はどうなる

パソコンの補助記憶装置のHDDをSSDに換装する事で、待ち時間を短縮してWordPressの記事作成の効率を上げたい、記事執筆に於けるストレスを軽減したい、というのが今回の目的です。

まずはWindowsの起動時間。
HDD 38秒
SSD 21秒(17秒の短縮)

うーん快適だね✨

CrystalDiskMark
└よく見掛けるベンチマークでテスト

HDD/SSD スピード比較

画像左がHDD、右がSSDです。
SSDの圧勝、3倍以上の数値。
なお、NVMe規格を使えるSSDは、
リード3500MB/s、ライト2800MB/sにもなる!

安物買いの銭失い・・・
最初期の投資で、NVMeに対応したマザボを選択すべきでした。

矢印実際の使用感はどうか?

肝心の「使用感」について。

  • WordPressに於いて

    WordPress上での変化は無い。
    ただし、WordPressで画像を編集しながら記事を作成する際に、ローカルにダウンロードした画像編集ツールのサムネイル表示などが爆速化。SSD上にあるデータの読み出し・書き込みは早いのでトータルで考えれば作業の速度アップに繋がる。

  • Cドライブ上の全てが早い

    精神衛生上良いですね。

  • 温度は31℃で安定

    負荷を掛ける使い方をしないので問題無さそう。

  • 動作音がしない

    原理上当たり前だが、無音です。

WordPressで副業収入を得る為のブログ作成に、SSDは必要か?という問いには・・イエスでありノーでもあると思います。ただし、より良い環境で作業するならHDDより圧倒的に早いですし、快適なブログ記事執筆の一助になると思います。

そして、今回思い知った事・・・



└そもそも、回線だよ(笑)┘

我が家は評判の良い事で知られる
J-COM320回線なんです(爆)


コメントする