LINEスタンプで副業|LINEスタンプの作り方とスタンプを販売して稼ぐ方法

LINEスタンプで副業|LINEスタンプの作り方とスタンプを販売して稼ぐ方法

LINEスタンプで副業
LINEスタンプの作り方とスタンプを販売して稼ぐ方法

LINE@の「スタンプ」を作って販売する副業に参加してみませんか?簡単かつ安全な副業として少しずつ普及しつつある「LINEスタンプ副業」ですが、自己流ではなかなか人気のスタンプを作って稼ぐ事が難しいです。このページでは、「人気・需要のあるスタンプの作り方」「売れるスタンプの言葉遣い」「LINEスタンプでよく使われる用語集」なども含めた、売れるLINEスタンプを素人でも作れる講座のご案内をしています。まずは手軽にLINEスタンプを作る副業で、毎月5万円の副収入を目指してみませんか?


お申し込みボタン
└LINEスタンプで稼ぐ副業┘

LINEスタンプは誰でも作って売ることができ
世界で2億人以上が使っている巨大マーケットです

はじめまして。クリエイター・MIHOです。

LINEスタンプの販売が始まった頃は全部で42枚描いて3ヶ月以上も審査にかかっていましたが、いまはなんと、8枚から売り出すことができ、審査はたった2日だったりします。

この教材でスカイプレッスンを受けながら、初めてのパソコン操作に四苦八苦しつつスタンプデビューした方の作品をいくつかご紹介しましょう。

LINEスタンプ例 ブータとトントン

初めてにしては素晴らしくよくできていますよね。
パソコン操作に不慣れなので相当時間はかかりましたが
色もご自分でパターンを決めて楽しく描いて行かれました。

マウスで描くのが難しかったので、途中からペンタブレットを導入していただきました。

LINEスタンプ例 young ninjya

こちらもパソコン操作が不慣れな方。
最初とデビュー時の絵は別人のようにメキメキ上達されています。

もともと絵心があった方なのだと思いますが、パソコンで描くのはやはり難しかったようです。でもどんどん上達されて無事にデビュー。

一番苦労されたのはやはり透過漏れでしたね。
塗り方にコツがあって、ソフトによっても違うのでそのあたりがポイントです。
今はAdobeのillustratorのレッスンでイラスト制作に取り組んでおられます。

他にもたくさんの方がクリエイターデビューしていますよ(*^^*)

動くスタンプはまだまだライバルが少ない!
誰でも世界デビューができる”LINEスタンプ副業”

そしてついに、動くスタンプの販売もできるようになりましたし、
販売価格も自分で選べるんです。

¥120
¥240
¥360
¥480
¥600

これは静止画のスタンプの価格でいつでも変更が可能です。

販売価格のうち、LINE側の手数料が35%・Apple/Googleの手数料が30%・残るクリエイターの報酬が35%ですから、10,000円売れたら3,500円があなたのものになるというわけ。審査が短くなったので、1日1枚、コツコツ1週間かけて描いていけば翌週には売り出せていくつでも販売できるというわけです。

それでどれだけ売れるかが問題なんですけど、
去年のクリスマスに家族が作って販売してみました。

古いのは時間がたってパラパラしか売れてませんが、クリスマスのために作った動くスタンプ8枚セットは販売価格360円で3日間だけでよく売れて、分配金を3,696円ゲットしたんです。

スタンプ売り上げ(クリスマスの際の画面)

クリスマスの2日間は家族はもちろん遊んでましたから、
遊んでる間にスタンプがお小遣いを稼いでくれたわけですね。

おそらく枚数が8枚ではなくもっとあったら、そして1種類ではなく数種類作ってアップしていたらもっと売れていたでしょう。何しろこのときは12月21日に申請して23日に販売開始というギリッギリでやっと販売にこぎつけたためもったいなかったですね。

イベントスタンプは起爆力がありますがイベントが終わると売れないということもありますので、通年売れるものと合わせて作るといいです。また、アメリカやヨーロッパは時差がありますから、日本で売れる時間帯と海外で売れだす時間帯が1日弱ずれます。今回はタイでもちょっと売れました。

これで、誰にでも販売できてお金がもらえるということは
わかっていただけたと思います。

海外に売る場合でも、特別なことはせずに文字を書かないのと英語の文字を入れるののどちらかにしておけば、LINEさん側で販売可能な地域で売り出してくれます。

ちょっとだけ気を使わなくてはならないのは文化の違いだけです。

たとえば、生徒さんの作品でもよくありますが、風邪をひいて布団に入って氷の塊を上から吊るして頭に乗せているシーン。海外では布団ではなくベッドが主流ですからそれが布団になっただけでその国で販売できなかったりします。茶碗とお箸などもそうですね。

宗教の違いによって食べてはいけない食材があったりもしますから、それを除けば誰でも世界デビューができるんですよ^^すごくないですか?

全世界共通で使えるものを描けば、
販売のチャンスはもっと広がるということなんです。

しかも、海外ユーザーはいまもどんどん増え続けている!
LINEの2015年4~6月期(Q2)の業績は、同社全体の売上額が前年同期比37%増の278億円、LINE事業単体での売上高は前年同期比39%増の253億円と発表しました。
難しいはなしは抜きにして、つまりLINEは超巨大な市場なんです。
超巨大市場という事は、要するに、
LINEに関わるビジネスをする事ができれば比較的カンタンに稼ぐ事ができる
ということになりますね。

最初から激戦区にいってもなかなか売れない
だからニッチなイラストで稼ぎましょう

LINE STOREにいってみればわかりますが、多くの人がよく使う「猫」のスタンプは超激戦区になっています。簡単に申請できて、審査も短いためあっという間に似たり寄ったりなスタンプが満載になっていますね。

当教材でレッスンを受けられた方のスタンプを
宣伝のため探そうとしてもなかなか見つかりません。

こういう激戦区に簡単に参入しても、
よほど個性がなくてはたくさん買ってもらうことは難しいです。

だから、ある程度需要があって
ライバルが少ないスタンプを作る必要があるんですね。

それも、よく使われる言葉との組み合わせなら
すぐに飽きられずに淡々と売れ続けることができるんです。

LINEスタンプとは、LINE内で使用できるイラストです
このLINEスタンプで副業収入を得られます

一見、ただのイラストです。LINEを使っているほとんどの人がLINEスタンプを使用しています。このイラスト、ほんとうに誰でも販売できるんです。

LINE Creators Market 登録画面
LINE Creators Market 登録画面

矢印LINE Creators Market creator.line.me/ja/

LINE Creators Marketで誰でも販売する事が可能です。
LINE側の発表によると、スタンプの販売総額が、
89億円に上ったことを発表しました。

そして、売上10位までの平均販売額は2230万円にもなるそうなんです。
販売者には、売上の65%を除いた35%が入るので、かなりの額になります。

マイページでは販売個数は出ませんが、
上記のキャプチャのように分配金額がグラフで表示されます。

簡単に説明すると、人気の出るLINEスタンプを作って販売する事ができれば、
めちゃくちゃ稼げるという事です。

でも…LINEスタンプなんて作れないよ・・・

そんな声が聞こえてきそうですね^ ^ ;

1つ問題なのが、イラストが作れないとLINEスタンプの販売者にはなれないという事です。この時点で、多くの方の「LINEスタンプ販売者になって大きく稼いでやろう!」という野望が打ち砕かれます。

でも考えてみて下さい!うれしい事に、ここで多くのライバル候補たちがLINEスタンプに参入することをあきらめてくれるんですね。

ですが、いくらイラストが作れたとしても、売れなければ何の意味もありません・・

そうなんです!

人気の出るLINEスタンプを企画して、そしてイラストを描いて、
販売しないと意味がないんです。

しかし、私からすれば、それはLINEスタンプの稼ぎ方を知らないだけ。

これまでたくさんの方にこの教材とスカイプレッスンを使って
販売開始していただくことができました。

でもやっぱり、「こういうのが売れるよ」というものより
「これが描きたい」を優先してしまった場合はあまり売れてないのもありました。

つまり、需要がないスタンプもあるんです。

需要があるかないかは、ある方法で調べれば販売しなくても
売れるか売れないかが分かる仕組み
があります。

当教材でぜひ、売れるスタンプと売れないスタンプの違いを理解して、できるだけたくさんの金額を稼げるスタンプをあなたの副業として描き始めてほしいと思います。

受講生の皆さんの多くはイラストを販売するのも描くのも初めてという方ばかり。でもどんどんうまくなっていきます。もちろん長年描いている私よりずーっと絵がうまい方もたくさんいらっしゃいます。

ただパソコンで描くとなるとそれなりに練習とコツが必要なので、
それさえわかればどんどん上手くなるというわけですね。

一番難しいのは透過の処理
透過漏れチェックで「リジェクト」を回避できます

イラストは何とか描いても、LINEスタンプの審査に通るために一番難関なのが「透過漏れ」を出さずに審査に通すことです。書き慣れてない方は意外と画面を拡大してチェックすることを忘れがちなので隙間が空いていても気が付きません。

塗ってなくてはならないところに隙間が空いていることを
透過漏れといいます。

これが理由で審査に通らない方が多いのが現状。
通らないことを「リジェクト」といいます。

そこで当教材には透過漏れチェックもついているというわけです。
もちろん、自己チェック方法も動画でご案内します。

いままでスカイプでお話した方で販売できなかった方は1人もいませんので、
あなたも安心して受講して下さいね。

LINEスタンプで稼ぐために必要な3ステップ
LINEスタンプ副業はこの3つを押さえよう

極端な話になりますが、LINEスタンプで稼ぐために必要なステップは、

矢印ステップ 1:人気の出るLINEスタンプを企画する

矢印ステップ 2:イラストを描く

矢印ステップ 3:販売する

このたった3ステップだけなんです。
このステップが完璧であれば当然稼ぐ事ができます。
「これくらい知ってるよ!」という声が聞こえてきそうですが、
実際問題、多くの方がこの3ステップができていません。

ちょっとしたコツを教えます

ちなみに、あなたは、みんなが売ってるLINEスタンプを見て、「これなら私にも作れるかも?」って思ったことはありませんか?でも実際に描いてみると案外難しい!そう思いませんか?

でも、ちょっとしたコツでイラストはすいすい描けるようになるんです。「わたしはもともと絵が下手なんです」っていうけど、それはあなたの思い込みかも。うまい下手を決めるのはあなたではなく他の人なんです。

「え?こんなカンタンな絵でも売れるの?」

実際にランキングに入っているLINEスタンプは、
複雑なものばかりじゃないですよね。

逆に、シンプルでふだんづかいにピッタリな
イッパツで感情を表現できるものが売れています。

だから、スタンプは画力よりも使い勝手が良いものが売れます。

LINEスタンプを作って販売する副業で
月にまず5万円稼ぎませんか?

LINEスタンプの売上10位までの平均販売額は2230万円で、販売者には、売上の35%が入るので、単純計算すると、販売者には約780万円入っている計算になります。

ただ「LINEスタンプで年間780万円稼ぐ」というのは、あまり現実的ではありません。ですが、240円のスタンプを月に1000個販売するのであれば、かなり現実的になります。

240円のスタンプを月に600個販売できれば、
月に約5万円稼ぐ事ができるのです。

240円 × 600個 ? 35% = 50,400円

240円のスタンプを1ヶ月に600個売れれば、
または480円のスタンプを1ヶ月に300個売れば、あなたの懐には毎月5万円が入る計算になります。また、1日の報酬が1,700円以上売れるようになれば軽く月5万円超えることになるんです。

LINEスタンプを多くリリースできればできるほど
月に5万円稼ぐという数字は現実味を帯びてきます

ここで多くの方が、
「1個のスタンプでそんなに売れるかよ!」という勘違いをします。
何が勘違いなのか分かりますか?

私も1個のLINEスタンプで月に1000個を販売するのはかなり難しいと思っていました。ですが、最初にお伝えしたように瞬発的に売れるスタンプもありますし、季節のよく使われるスタンプなどでは簡単にその条件をクリアできます。

季節によって波があるとしても、稼いでくれるLINEスタンプが10個あればどうでしょう。20個あればどうでしょう。LINEスタンプを多くリリースできればできるほど、月に5万円稼ぐという数字は現実を帯びてきます。

ちりも積もれば山となります。

スタンプ1個の売上は少なくても、
複数あれば大きな売上を上げる事が可能です。

LINEスタンプ製作の”外注”はアリ?
イラスト制作を頼むといくらになるの?

では実際に、イラストは描けないからとプロや外注さんにイラスト制作を頼むといくらになるのか?スタンプリリースまでを任せると料金はどれだけかかるのか。調べたことってありますか?ほとんどの方が調べた事がないかと思います。

確かに売れそうなスタンプを安価で外注できれば、簡単に稼げて良いですよね。副業として取り組むならば、なるべく手間と時間は掛けたくない、外注で済ませられるのか?調べてみました。

LINEスタンプ作成の依頼・仕事(ランサーズ)

上記はランサーズという仕事を依頼したい方と仕事を受注したい方とをマッチングさせるサービスを提供しているサイトです。(いわゆる”クラウドソーシング”、副業として「お仕事提供」と「依頼」のサイトです)

これを見ると一目瞭然ですが、
涙が出るくらいめちゃくちゃ高いです(汗

いわゆる「スキル」を要するお仕事という事で価格は非常に割高です。
もし「売れなかったら」恐ろしくて手が出せません。

スタンプが売れなかったらどうしよう・・・
自分で作って販売し、稼ぎましょう!

あなたはこんな地獄の無限ループにはまっていませんか?

依頼すると、30万円。・・・
でも自分で作れない。・・・
やはり外注に出そうか!?・・・
でもスタンプが売れなかったらどうしよう・・・
自分で作るしかないのか?・・・
いや自分では描けない。・・・
だったらどうすれば・・・

だったら自分で作りましょう!

本書は地獄の無限ループに陥っている、そんなあなたのために作られた、制作から登録までの手順をぜんぶパソコンとマウス操作でできるようにするマニュアルです。

もちろんパソコンになれていなくてもOKで、私は日頃職業訓練校のITビジネス科で講師をしており、常に初心者の皆さんとレッスンしています。だからパソコン設定などもわからなくても安心です。

また、グラフィックデザイナーとしては26年以上プロとして仕事していますので、クリエイターとしてもあなたにいろんなコツをお伝えすることができるんです。売れる絵を描くポイントを、LINEスタンプを作るプロ、教えるプロが丁寧にご指導します。

教材では無料のファイアアルパカを使いますが、個別スカイプレッスンではもちろんイラストレーターやフォトショップ、ウェブアートデザイナーなどの有料ソフトをお持ちの方にはそれでレッスンを行っています。

手描きでスマホで撮影した絵も十分使えます。もちろん加工は必要です。
その場合は、背景の処理の仕方を丁寧にご案内しますね。

ちなみにこのページで使っている素材は
AdobeのIllustratorで描いてます ^ ^

もちろんWindowsについているペイントでも十分描けるんですよ。
イラストを描く事は、コツさえつかめばカンタンです。
あなたがそのコツを掴むまで、プロの私が徹底的に教えます。

■人気の出るスタンプはズバリこれ!

誰かが作ったスタンプではなく、あなたがよく使うことば、
みんなが送ってくれることばでスタンプを作ればウケることは間違いありません。
自分で使ってよし、誰かにプレゼントしてよし。
そして買ってもらえれば、うれしいでしょ♪♪

はじめたいけど、とても自分でつくる自信がないあなたも
順番についてきてくれればリリース(販売開始)までちゃんとやれます。

手続きが難しいのでは?

いいえ、手順は多くありません。全部ご案内するので安心してください。
小学生にだってできるほど、やることはシンプルで少ないんです。

絵が描けないんだけど?

描けるようになる秘密の動画レッスンもついてます。

それにあなたのパソコン画面を見ながらこちらから
スカイプサポートで一緒に手とり足取り描き方をお教えします♪

LINEスタンプの画像は、複雑なものを描く必要はありません。ひとふで書き程度のものでも十分通用するんです。わざとガタガタの線やふにゃふにゃに描いたものだって売れに売れてますから ^ ^

■複雑なイラストも描けるようになるには

でもやっぱりいろんなかっこうのキャラクターをおもしろく描きたい!
そう思いますよね。
イラストって複雑に見えますけど、単純なやり方できれいに描く方法があるんです。
下絵をゆっくりなぞるよりずっと早くて線もキレイ( ^ ^ ♪
物心ついたころからひたすら絵を描き続けている、わたくしクリエイター・MIHOにお任せください。
イラスト難民・パソコン難民の救済のため、日々奔走しております!

■よく使われる言葉が売れるスタンプのキモ

なぜか売れない、という方は表現にこだわりすぎているかも?
大人も子供も使えるスタンプは、意外とシンプルです。

シーンを選ぶスタンプがたくさん並んだものは売れにくい・・・かも
「結婚して下さい」とかいうのはだいたいリジェクトされます。
「普段使える言葉にして下さい」と。

当教材では、売れるスタンプの言葉づかいのコツをご案内します。
【特典】LINEスタンプでよく使われる用語集

本書でご案内している内容は
こちらは、本書に書いてある目次の内容です。
あなたが知りたいことが3つ以上あれば、本書はお役に立てるでしょう。

この他に、作業手順を録画した動画をご案内しています。

毎日のメールレッスンでは、
生徒さんがつまづきやすいポイントや処理方法なども詳しくご説明しています。

はじめてで何もわからない、絵も描いたことがない、LINEスタンプのルールもわからないという方には個別にメールサポートまたはスカイプレッスン60分が付属します。

ですが実際スカイプしだすとだいたい1時間半くらいになります。安心して受講して下さい。90日が終了したあとは、ご希望の方には月額チケットを購入いただいてスカイプレッスンをご予約いただいてます。懇切丁寧にレッスンするLINEスタンプ画像作成講座のスカイプレッスン1回1時間が8回分ついています。

改めましてわたくしクリエイター
MIHOの自己紹介をさせていただきます

さて、改めまして
わたくしクリエイター・MIHOの自己紹介をさせていただきます。

プロのグラフィックデザイナーとして26年・イラストレーターも同年。

それと並行して、パソコンインストラクターとして17年、その間、職業訓練校のITビジネスクラスを12年間受け持っていて現在もスポット勤務中。

それと同時に、スマホアフェリエイトを教えている塾の講師として7年間、毎日全国の塾生さんからの質問に答え、遠隔スカイプサポートで毎日直接ご指導させていただいています。

ひと口で言えばパソコンの使い方と絵の描き方を教えてプロとしても営業してて毎日平均16時間以上はそれをやってるということです(笑)

職業訓練校では、最初に絵が描けなかった生徒さんが1ヶ月後には立派に絵を描いて画像を作って保存しておまけにホームページまで作って3ヶ月後に卒業していかれます。

だから、パソコンの使い方がわかりませんとか、保存できませんとかファイルが行方不明になりましたとか、そういうことは日常茶飯事。取るに足りないことなのです。

安心してわたくしにお任せくださいませ( ^ ^ ♪

■このマニュアルと特典はこちら

作るだけでなく、画像のチェックサービスもあるから
「あれ?ここ透けてないよ」といううっかりミスがあっても安心。

販売開始された後の宣伝もお手伝いします。
※下記画像のスカイプレッスンは3回ではなく8回です。

ご購入はこちらのバナーをクリックして、表示されるページの手順で
お手続き・お支払いを送信お願いいたします。

同時に自動送信で、マニュアルダウンロード方法を記載したメールをお送りします。

お支払い後すぐにマニュアルをご覧いただき、特典をお受けいただくことができます。
質問も、その時から可能です。

LINEスタンプを作って稼ぐという趣旨のマニュアルで、
ここまでのサービスがあるのは、正直見たことがないです。
それくらい自信をもって、あなたにこのサービスを提供します。


お申し込みボタン
└LINEスタンプで稼ぐ副業┘

PS
ここまでお読みくださりありがとうございます。

私にも限界がありますので、サポートに限界を感じた時点で、このサービスを終了するかもしれませんので、あなたが見ている時点で終了している場合は、何卒ご了承ください。

終了しないまでも、価格は混み具合により、予告なく値上げします
(たぶん経験上すごく忙しくなるため)

混まないうちにがっつりサポートを利用して、
あなただけのLINEスタンプを作ってがっつり売り込みましょう。
LINEスタンプの副業、一緒に頑張りましょう!