ネット通販・物販で稼ぐ方法|副業で簡単・安全に稼ぐ方法

ネット通販・物販で稼ぐ方法|副業で簡単・安全に稼ぐ

副業で簡単・安全に稼ぐなら
ネット通販・物販で稼ぐ方法がおすすめ

副業として「通販サイト」、「物販サイト」を作成し稼ぐのは最も簡単かつ安全で、継続的な副業収入を得られる方法です。特に楽天やAmazonの「アフィリエイト」(Amazonでは”アソシエイト”と呼びますが)を利用した副業は、その販売に仕方や規模で売上を増やしてゆける方法として、堅実な副業であると言えます。

ただし、単価が安く、その分報酬が低いのも悩みの種です。ほとんどの商品は「料率が1%」、つまり、1000円の商品が売れても10円しか貰えません。必然的に「薄利多売」、量を売らなければ儲からないという状況になります。では、通販サイトや物販サイトで本数を多く売るには?購買者の財布の紐を緩めて、売上を増加させ自身のアフィリエイト報酬を増やすには?マーケティング、ページデザイン、効率の良い販売方法などをお教えします。

webセールスデザイン ボタン

こんな悩みを抱えていませんか?

もし、あなたがこれらの悩みを抱えているのであれば、このページを必ず最後までお読みください。
なぜなら、あなたがこのページを読み終える頃には、

小資本や個人からでも始められる輸入ビジネスのやり方
ネットを使った海外仕入れや国内販売の方法
日本語しか話せなくともできる輸入ビジネス成功の秘訣
ヒット商品の探し方や、安い仕入れ先を知る方法
アマゾンを使い高利益を生む販売方法

など、ネット物販で成功するための具体的なステップがわかるからです。

はじめまして。船原徹雄と申します。

船橋徹夫私はこれまで7年間で、1万人以上の方に
ネット物販に関するノウハウをお伝えしてきました。

もちろん初心者の方も非常にたくさんいらっしゃいましたし、
私自身も完全初心者の状態でネット物販を始めたのですが、
今ではアメリカ、中国、シンガポールにも会社を持ち、
年商10億円規模のビジネスに拡大することができました。

ですので、ネット物販に関しては、様々なステージの方が抱えている
悩みや問題が非常によく理解できます。

きっとこのページをご覧の方は、せどりビジネスや
ネット物販ビジネス、ECサイトを運営をされている方、
または、ECサイトやネット物販で起業したいとお考えかもしれません。

しかし、上に挙げたような悩みや問題が原因となり
なかなか思うように利益を得られていないか、
何からはじめたらいいか分からず、二の足を踏んでいることと思います。

ただ、一つだけハッキリ言えることがあります。

それは、このページであなたにお伝えする“ネット物販ビジネス”は、
間違いなく大きな売上と利益をもたらしてくれるということです。

もしかするとあなたは、物販ビジネスと聞くと
“せどりビジネス”が一番に頭に浮かんでくるのではないでしょうか。

なので、まずはここで「せどりビジネス」と
「ネット物販ビジネス」の違いについてお伝えしていこうと思います。

「それくらい知ってますよ!」

という方も、もちろんいらっしゃるでしょう。

しかし、ご自身がされているビジネスの現状や、
どれほどの可能性を持っているのかをここで再確認して頂くことで、

より大きな売上や利益を得るための自信にもなりますし、
結果としての数字も大きく変わってきます。

ですので、少しだけお付き合いください。

そして、まだ起業前の方は、ここで全体像を掴んでおくことで
今後あなたが得られる利益が大きく変わってきますので、
この先はできるだけ集中してお読みくださいね。


“せどりビジネス”と
“ネット物販ビジネス”の違いとは?

ノートパソコンせどりビジネスとは、相場よりも安い本、CD、DVDなどをリアルの店舗で探し、アマゾンやヤフーオークションなどで高く売る。といったように、個人でも出来る転売・物販ビジネスのことです。

アマゾンやヤフーオークションの相場を予め確認しておき、それよりも安く販売している店舗に行って仕入れをするというもの。

これは個人でも手軽に始められるので、
副業としてはじめる人も非常に多くなってきましたし、
オススメできるビジネスではあります。

ただ、せどりビジネスにもデメリットは存在します。

例えば、利益が小さかったり、一つの商品の大量仕入れが困難なので、
少しずつ、小さく、利益を残していくことがほとんどです。

大量に仕入れたくても、「ドン◯ホー◯」や「ヤ◯ダ電機」などで
棚ごと購入するわけにもきませんからね。

仮に大量に購入できたとしても、家に持ち帰るために
大きな車を準備したり、保管しておくための倉庫が必要になります。

なので、どうしても小さく地道にコツコツと
利益を積み上げていくしかないので、時間的な限界も出てきます。

それに、せどりビジネスの利益率は20%~25%あればかなり高いと言われているので、
毎月20万円以上稼ぎたいと思った場合、毎月100万円以上の売上を立てなければいけません。

なので、仕入れだけでもかなりのリスクと体力が必要になることは
あなたも簡単に想像できると思います。

ただ、その一方で、ネット物販であれば、
商品のジャンルに関係なく大量な仕入れが可能です。

しかも、仕入れから販売まで、すべてネットで完結させられるので、
ビジネスそのものを完全に自動化させることが出来ます。

ちなみにネット物販の利益率は70%です。
もちろん、やり方によってはそれ以上も可能です。

つまり、

“短期間でビジネスを大きく拡大できる”
”副業を短時間で成功させる事ができる”

ということですね。

後ほど詳しく説明しますが、“リサーチツール”やネットの仕組みを使えば、
仕入れる前から売れる商品を確実に見つけることができます。

なので、初心者でも短期間で大きな利益を得られるのが
ネット物販の最大のメリットであり、“せどりビジネス”との大きな違いと言えるでしょう。


“安く仕入れて高く売る”
ネット物販ビジネス成功のポイントはたったこれだけ

ポイントはこれだけ非常に単純なことですが、“せどり”も“ネット物販”も、
「仕入れ価格」と「販売価格」の差額が利益になります。

簡単に言うと「転売」とも言えますが、これは江戸時代から行われている商売であり、基本中の基本。全く同じ商品でも、場所によっては“大きな価格差”があります。

例えば、日本でもその地域でしか収穫できない
果物などの特産品があると思います。

そういった特産品でも県外に流通されたものは高値が付きますが、実際に収穫されている地元の地域では安価で販売されている場合がほとんどです。

つまり、こういうことです。

安い仕入れ先を探す ⇒ 高く売れる場所を見つける

単純ですよね。

ただ、“せどり”の場合は、どうしても仕入先も販売先も日本国内に限られてしまうので、
利幅にも限界があります。

しかし一方で、海外も視野に入れられるネット物販であれば、
仕入れ元も販売先も世界に目を向けることができるので、
最も安く販売されている国から仕入れて、
最も高く売れる国で販売すれば大きな利幅が取れるのは当然。

ですので、安い仕入れ元と高く売れる場所さえ知っていれば、
ネット物販で利益を上げるのは決して難しくはないのです。

「じゃあ、どこで仕入れてどこで売れば良いんですか?」

では、説明しましょう。


“利益率70%”を可能にする
ネット物販成功の仕入れ元と販売先とは?

中国と日本ネット物販を成功させるために
私が最もオススメする仕入れ元は…ズバリ、中国です。

そして、販売先は、私たちの住む日本となります。

なぜ中国と日本なのか?
理由は非常に単純です。

中国というのは、世界の工場と呼ばれていて、日本で販売されている商品の多くが中国で作られています。

例えば、あなたが今着ている服も中国で作られたものかもしれませんし、
私が今この文字を打っているAppleコンピューターも、実は中国で生産されているというのが事実です。

なので、身の回りのほとんどの商品が中国で作られているという現実から考えると、

日本で高く売られているもの中国から探し出し、
それを日本で販売することで大きな利益が得られる。

たったこれだけです。

では、中国のどこで仕入れて、日本のどこで販売すればいいのか?

後ほどご説明しますが、私が最もオススメしているのが、
中国のショッピングサイト「Taobao(タオバオ)」です。

なぜタオバオなのか?

それは、“世界最大のショッピングサイト”であり、ほぼすべての商品はこのサイトで揃ってしまうからです。
ですので、タオバオなら商品に困ることはまず無いと言っていいでしょう。

では次に、日本の販売場所についてです。
これにはいくつか候補があります。

例えば、

・ヤフーオークション
・楽天市場
・ヤフーショッピング
・フリマアプリ(メルカリ、ラクマ、フリマ)

など、いろいろありますが、私が最もオススメしているのは「Amazon」です。

“タオバオで仕入れてAmazonで売る”

これはネット物販の王道になりますので、まずはこの流れから身に付けて頂きたいと思っています。
そして、一点だけ注意してほしいことがあります。

それは、

“最初からECサイトを立ち上げるのは危険”

ということです。

これから物販ビジネスを始めようとした時に、
最初からECサイトを立ち上げようとする方がいらっしゃいますが、

やはりサイトを作る場合はある程度の予算や、集客するための広告費も必要になりますし、
オープンさせるまでにも膨大な時間がかかります。

それに、実際に売上が立ち始めるまでに早くても1ヶ月~2ヶ月は必ず必要ですし、
長い場合だと準備期間に半年以上かかる人もいます。

もし、半年以上もキャッシュが回らなければ、モチベーションも続かないと思いますし、
最悪の場合、会社そのものが倒産するかもしれませんよね。

なので、いずれECサイトを立ち上げるとしても、
まずはプラットフォームで売れる商品や販売方法を身に付けて、
ある程度の経験値を積んでからはじめることが王道のやり方です。

なので、まずは大きなリスクを負うことなく、正しい手順を踏まなければいけない。
ということをここで理解しておいて頂きたいと思います。


中国のショッピングサイト市場が
熱い理由とは?

■日本の6倍の規模!アメリカを上回る中国43兆円市場!

世界的に見ても急成長、中国43兆円市場
アメリカよりも大きく日本の6倍の規模
では、ここまで何度か名前が出ている「タオバオ」について説明していきたいと思います。

なぜ、私がタオバオをオススメするのかと言うと先程も少し触れましたが、やはり圧倒的な市場規模でしょう。

中国のEC市場規模は43兆円という調査結果が出ています。これは、7億円の日本に比べると6倍の規模で、30兆円のアメリカにも大きな差を付けている状況です。

世界的に見ても間違いなく急成長していると言っていいでしょう。


■タオバオの商品点数は8億点以上!

商品数8億点以上のタオバオ、楽天は1.8億点
タオバオの商品点数は、なんと8億点以上あると言われています。8億点と言われても想像できませんよね。

日本では、楽天が1.8億点と言われているので、その4倍以上の商品が揃っているという計算になります。

なので、中国で作られている日本の商品を実際にタオバオで検索してみると私の経験上、出てこない商品はこれまでほとんどありませんでした。なので、タオバオさえ使いこなせるようになれば、間違いなく仕入れに困るようなことはありません。

通常の貿易ビジネスであれば、中国の展示会に足を運び、
仕入れたい商品を実際に目で見て探すというやり方が一般的です。

しかし、最近ではタオバオで検索すれば仕入れたい商品が出てくるので、
貿易ビジネスというものがもの凄く手軽に出来るようになりました。

というよりも、タオバオだけで貿易ビジネスが十分成り立ちます。


■日本とは比べ物にならない市場規模

ecサイト 市場規模日本でショッピングサイトと言えば、やはりアマゾンを想像されると思います。

日本のアマゾンの市場規模は1.5兆円程度と言われています。そして、アメリカのアマゾンはその10倍で15兆円ほどの市場規模があるのですが、タオバオはそれを遥かに上回る35兆円もの市場規模があるのです。

なので、タオバオは日本のアマゾンの20倍以上という非常に大きな市場規模があると言っていいでしょう。


■ 十数円の仕入れが何十倍で売れる

では、タオバオで安く仕入れが出来ると言っても、実際にどれくらいの金額で仕入れてどれくらいで売れるのか?そろそろ気になっていると思います。

実際にタオバオで仕入れた商品をAmazonで販売すると、例えば100円で仕入れたものが1000円で売れることもよく起こります。

この後ご紹介する“リサーチツール”さえ活用すれば、2倍、3倍の金額で売れる商品を見つけるのはとても簡単ですし、5倍、10倍という金額で売れる商品を見つけることもできます。


■日本語しかわからなくても、代行業者にすべて任せることも可能

中国輸入代行サービス実は、中国輸入というのは、アメリカやヨーロッパから仕入れるよりも圧倒的に簡単にできます。

アメリカやヨーロッパというのは、自分で文字を読んで英語で発注から支払いまで行う必要があるのですが、中国輸入に関してはそういったニーズが非常に多いので中国国内に仕入れ代行の会社が無数に存在します。

もちろん、中には日本語で対応してくれる会社もあるので、もしあなたが中国輸入に取り組もうとした場合は、

「この商品が●●個ほしい」と、
伝えるだけで購入から発送までを全て代行してくれます。

なので、もしあなたが、中国語を一切話せなくても読めなくても、
全く関係なく中国の商品を輸入することができます。

実際、私自身も中国語はまったく話せませんが、
それでも10億円規模のビジネスに拡大することができましたので、
あなたも簡単に中国輸入をはじめることができます。


ネット物販ビジネスの最大のメリット!
仕入れる前から売れる商品が丸わかり!

仕入れる前から売れる商品が丸わかりでは、先程から何度か話に出てきている “リサーチツール”について詳しく説明していこうと思います。

有料のツールなのか?
といった部分があなたも気になっているかもしれません。

もちろん有料のツール数多くあるのですが、私たちの場合は有料のツールを使うことは滅多にありません。
実は、インターネット上に無料のツールがたくさんあるので、それらのツールを使っていけばリスク無くビジネスに取り組めます。

リサーチツールを使うことで、

・ランキング
・ライバル数
・価格推移
・利益額
・売れ行き

これらを調べることができるので、リスクの無い仕入れが可能です。
では、無料で使えるツールが具体的にどんなものなのかをあなたにお伝えしていこうと思います。

モノレート
モノレート

タオバオで商品を仕入れる前に、現在のアマゾンの相場やランキングで
売れ筋の商品や高値で売れそうな商品を予めリサーチしておかなければいけません。

仕入れから確実に利益を出そうとした場合、

“今現在の価格でどれくらい売れているのか?”

といったことを分析する必要があります。
この確認しておくことで、赤字リスクを無くし、安定利益を狙って仕入れに踏み切れるというわけです。

そのためには、次の3つを調べておく必要があります。

今現在の

・新品・中古の最安値価格はいくらなのか?
・月(年)にいくつ売れているのか?
・ライバル(出品者数)は何人いるのか?

この3つの情報をもとに、

・出品したらすぐ売れる商品なのか?
・長期スパンで売れる商品なのか?
・売れるスパンから何個仕入れるべきか?
・ライバルが増えて値下がりしないか?

これらを分析したうえで仕入れを行っていきます。

そこで必要になるのがモノレートです。
モノレートとは、アマゾンにおける過去の価格推移やランキング推移など、
これさえ見ておけば売れ筋がすべて丸分かりになるルーツです。
「モノレート」で検索をしていただければ、すぐに無料で今すぐにでも使い始めることができます。

では、このモノレートをどのように使っていけばいいのか?
これについて簡単に説明していきます。

モノレート グラフ

一番上のグラフが過去の相場になります。
これは、過去にどのような相場でその商品が売られていたのかが分かるデータです。

ここで気をつけなければいけないポイントとしては、値段が急落している商品についてです。
今現在1万円で売られている商品を見つけた時に、半額の5000円で仕入れが出来たとします。
しかし、実際に販売開始した時には7000円まで相場が下がってしまっていた。
といった商品は数多く存在します。

なので、販売する商品を選ぶ時は必ず値段が安定しているものを選ぶようにしましょう。

例えば、2週間前に2万円だったものが、1週間前に1万5千円、
そして現時点で1万円になっている商品を見つけた場合、
これは下がっていくのではないか?

といった予想は、価格差を見れば分かると思いますので、
値段が一定の商品を狙って仕入れることが重要なポイントとなります。

では、その商品をどれくらい仕入れればいいのか?これを判断する方法について説明してきましょう。

まず、アマゾンの特徴として「商品ランキング」というものがあります。
これは売上額ではなく、純粋にその商品が「売れた数」のランキングになっていることが多いので、
直近で数が売れているものが上位に入っている可能性が高いと言えます。

正確なランキングの付け方についてはAmazonが公開していないため、
すべての数字の根拠はハッキリと言えない所ではありますが、
私の経験上「商品ランキング」は販売数になっていることがほとんどです。

では、ランキングの見方についてですが、これは非常に単純で、
データが山になっている部分が商品の売れたタイミングと考えてください。

例えば、1週間にデータの山が平均して10個あった場合、
1ヶ月に約40個は売れるだろうという予測が立てられます。

折れ線グラフ

では逆に、この山が少ない商品は仕入れないのか?というと、そういうわけではありません。
なぜなら、売れる数が少なかったとしても、ライバル数が少なければ仕入れる価値は十分あるからです。

なので、モノレートの

・過去の相場
・ライバルの数
・売れ行きランキング

これらのデータを活用しながら、ネット物販について学んで頂きたいと思います。

そうすることで、仕入れる前から売れる商品がわかり、
欲しい商品を欲しいだけ仕入れて販売し、欲しい金額を欲しいだけ稼げるということでもあるのです。


年々拡大しているAmazonの可能性

Amazon日本事業の売上高推移
Amazon日本事業の売上高推移
Amazon日本事業の売上高を見てみると、過去6年間はほぼ同じ成長率を維持し、順調に事業を拡大していることがわかります。

年間1000億円もの成長を維持しているので、今後も拡大を続けていくと言っていいでしょう。

さらに、2015年6月11日付、日本流通産業新聞社が運営する日本ネット経済新聞「インターネット通販売上(Eコマース)ランキング」によると、アマゾンジャパンがダントツで9年連続1位となりました。

ネットショップ売上高ランキング有料会員「Amazonプライム」向けのサービスとして1時間以内配送の「プライムナウ」など、様々なサービスが開始されているので、Amazonジャパンは今後も大きな成長が期待されています。

こういった成長率や売上規模から見ても、仕入れた商品の販売先としてAmazonがどれほど最適なプラットフォームかがお分かり頂けたと思います。

注文・入金確認、梱包・発送作業などすべての作業が
自動化できる「FBA」とは?

ラップトップ 操作FBAは「フルフィルメント by Amazon」の頭文字を取ったもので、ネット物販を実践するにあたり、の「FBA」というシステムをうまく活用することによって、非常に効率的に売上を拡大していくことが出来ます。

FBAは、アマゾンが提供する販売業務効率化サービスなのですが、通常アマゾンで商品を販売する場合、

商品を仕入れる

仕入れた商品を出品する

商品が売れるまで在庫を保管

商品が売れたら商品を梱包する

梱包した商品を発送する

といった流れが発生します。

商品を仕入れてから売れるまで、自分で商品を保管して、
商品が売れたら自分で商品を梱包し発送しなければいけません。

これらを全て一人でやるのはかなり大変な作業ですし、在庫数が増えれば増えるほど、
商品を保管しておくスペースも減ります。それに大量の在庫の中から売れた商品を探し出すのも大変です。
在庫数が少ないうちは大丈夫かもしれませんが、100点を超えてくるとさすがに対応にも困ります。

そんな時に便利なのがFBAというシステム。

アマゾンが商品を預かってくれるだけでなく、その商品が売れた場合、
梱包から発送までをすべて行ってくれる非常に便利なサービスです。

つまり、在庫スペースに悩まされることもなく、
商品が売れた後の梱包や発送まで全て自動化できるということです。

FBAを利用することで、

商品を仕入れる

仕入れた商品を出品する

出品した商品をアマゾンに送る

売れたらアマゾンが送ってくれる(メールで売れたお知らせが来る)

このような販売の流れになります。

なので、あなたがやることは、「出品した商品をアマゾンに発送するだけ」です。

商品の在庫管理、売れた後の梱包、発送は全てアマゾンが行ってくれるので、
FBAを活用することによって、注文から発送までを自動化できるようになります。

FBAシステムを利用するメリットは他にも、

・商品が売れやすくなる
・商品を高く販売できる

など、様々ありますので、
アマゾンで販売する際には是非FBAシステムを活用して頂ければと思います。


Amazonで販売する8つのメリット

①個人出品が可能。15分でアカウントが作れる

Amazonに出品するためには最初に出店登録が必要ですが、クレジットカードさえあればあっという間に作れるので個人でもその日から簡単に出店・出品することができます。


②市場が大きい(膨大なジャンル)

2015年度の売上高はほぼ1兆円に達し、日本経済新聞社がまとめた小売業調査の売上高ランキングで高島屋を抜いて8位に入っています。
(調査は全国の百貨店、スーパー、コンビニエンスストア、専門店など715社から回答)


③お客さんが大勢いる

Amazonの月間利用者数は楽天に並んで4000万人以上と言われていますが、年間総アクセス数においては、Amazonが39億6611万812件、楽天が35億5460万3958件と、楽天を上回る利用者の行動が見て取れます。


④購入者の決済が楽(アマゾン決済を使用できる)

アマゾンでは、一度でもクレジットカードなどの情報を登録しておけば、それ以降の買い物はすべてクリックだけで完了します。
つまり、購入者の手間を省くことで繰り返し利用する人が多いということです。


⑤購入するお客さんへのサービスが充実(当日配送、アマゾンプライム)

Amazonでは、「Amazonプライム」や「当日配送」など、利用者への新サービスが次々と登場します。これはAmazonの利用者が増えるということでもあるので、そこへ商品を出品するというのは大きな可能性があると言えるでしょう。


⑥出品の労力が少ない

出品したい商品が既にAmazonにある場合は、価格と在庫数など基本情報の入力のみで販売を開始することができます。もし、Amazonにない商品でも、HTMLなど専門知識不要で簡単に商品ページができます。出品商品一覧ページや商品ページはPCやモバイル用に自動で生成されるので、自分でゼロからページを作る必要もありません。


⑦「FBA」を使うと購入者対応の必要がない
(決済処理はアマゾンが代行。発送もアマゾンがしてくれる)

フルフィルメント by Amazon(FBA)は、Amazonの世界屈指の配送システムを活用し、商品の保管から注文処理・出荷・配送・返品に関するカスタマーサービスまでを提供するだけでなく、Amazon.co.jpでの販売力を強化し、売上拡大を支援するサービスです。
Amazonが公開している調査結果では、実際に全体の84.6%の出品者がFBAの利用を開始する前と比較し「売上が向上した」と回答しています。


⑧リサーチツールでデータが豊富で売れやすい商品が見つけやすい

先程もお伝えした通り、モノレートなどのリサーチツールを活用することで、仕入れた商品をある程度、予定通りに販売し続けることができます。
売れ残った商品の心配をすることもなく、キャッシュフローも安定します。


大きな利益を獲得した
実際の販売事例をご覧ください

実際の販売事例1

価格差 3,816円

実際の販売事例2

価格差 3,194円

実際の販売事例3

価格差 2,082円

ネット物販の成功ポイントとは?

ネット物販の成功ポイントご覧いただいた通り、世界で最も商品点数の多いタオバオで仕入れを行い、高額で販売できる日本市場の中で最も利用者数の多いAmazonで販売することでこういった大きな価格差で販売することが初心者でも簡単にできます。

“安い場所で仕入れて高く売れる場所で販売する”

本当にたったこれだけなのです。

なので、もしあなたが、

・ネット物販をこれから始めたい
・資金は少ないけど起業したい
・ネットショップを持ちたい

そう思っているのであれば、まずは商売の基本である
「安く仕入れて高く売る」という流れを覚えていただくためにも、

ネット物販の王道でもある

“タオバオで仕入れてアマゾンで販売”

これをマスターすることが成功の秘訣となります。

そのために必要なリサーチツール「モノレート」を活用することで、
売れる商品を狙って仕入れることができるので、
リスクなく小規模からネット物販を開始することができます。

そしてある程度、売れる商品や販売の流れを理解した後で、
自分の得意なジャンルを見つけたりECサイトやネットショップを作り
どんどん販路を広げていくことができるようになっていきます。

逆に、この流れを知らずに最初からECサイトやネットショップを立ち上げたり、
実店舗を持ったりすることは非常に危険ということです。

なので、この流れを間違えないように、今日お伝えした手順で実践して頂ければと思います。


手順はわかりました。
でも具体的にどうやれば良いんですか?

でも具体的にどうやれば?ここまでご覧になり、ネット物販の全体像やネット物販の可能性やメリットについてご理解頂けたと思います。

ただ、もう少し具体的な部分。例えば…

・どうやって売れる商品を調べればいいのか?
・海外から仕入れるにはどうすればいいのか?
・言葉の壁は本当に大丈夫なのか?
・アマゾンでどうやって出品するのか?
・どうやったら高く売れるのか?
・自分でも利益率70%が得られるのか?

といった不安や問題を感じているかもしれません。

もちろん、私がここまでお伝えした内容だけでも試行錯誤しながら独学で稼ぎはじめることは可能です。
でももし、できるだけ短期間で結果を出し、より大きなビジネスへと拡大していきたいと思っているなら、
今日はあなたに良いニュースがあります。

それが、
ネット物販ビジネス起業実践講座です

これは、ここまでお話した「タオバオ」から商品を仕入れて
Amazonで販売することによって利益を上げる方法をゼロから学べる講座です。

この講座を学んで実践することで、売れる商品が分かり、タオバオで安く仕入れることができ、
アマゾンを活用して販売から発送まで自動化できるようになります。

モノレートを活用した更に具体的なリサーチ方法や失敗しない仕入れ業者の選び方など、
ネット物販でリスク無く利益を得るための方法を私の経験も含めて余すこと無くお伝えします。

あなたが実践講座で学べる内容の一部

第1章 中国輸入ビジネスとは?

・中国輸入ビジネスが儲かる仕組み
・中国輸入はネットですべて完結

第2章 タオバオについて知る

・タオバオとは?
・アリババは?
・アリババでよくあるトラブル

第3章 タオバオの店舗について

・店舗の見方
・選ぶべき店舗

第4章 日本Amazonについて知る

・日本Amazonの仕組みとは?
・日本Amazonの販売ページの分析
・FBAについて

第5章 儲かる商品をリサーチする

・どういう商品をリサーチするのか?
・基本的なリサーチ方法
・ツールの紹介と使い方

第6章 Amazonリサーチ

・儲かる商品を見分けるポイント
・売上個数を確認する方法

第7章 taobaoリサーチ

・リサーチする手順
・商品を選ぶポイントとは?

第8章 利益計算方法

・販売手数料の確認
・利益の計算方法

第9章 代行会社を利用して注文する

・代行業者を使った仕入れの流れ
・代行業者を使うメリット

第10章 商品を仕入れて日本へ発送&販売

・日本Amazonでの販売方法
・日本Amazonでのカート取得方法

webセールスデザイン ボタン


副業で稼ぐ|楽天アフィリエイトで稼ぐ・副業収入はアフィリエイトで

副業|楽天アフィリエイトで稼ぐ

副業で稼ぐならアフィリエイト
楽天アフィリエイトで副業収入を得る

矢印楽天アフィリエイト
楽天市場はこちら

楽天市場で商品URLを取得し
楽天アフィリエイトでURLを入力

いきなり失礼しました。
楽天アフィリエイトでの基本をついつい忘れてしまう方が意外にも多いので、記事の一番上に書きました。そう、楽天市場で商品を検索したURLをコピーして、楽天アフィリエイトに移動してそのURLを入力する事で、アフィリエイトリンクを作成出来るんですよね。

楽天アフィリエイトは最も販売しやすく、副業としての収入を得る事が容易であろうアフィリエイトの一つです。膨大な、という言葉さえ形容しきれない程の商品の種類、食品から建材、果ては車本体まで販売出来る商品は無限大に近い程の圧倒的な品揃え。訪問者に商品の知識と楽天の商品リンクを提供するだけで「売りやすく」「買いやすい」ネット通販最大手の楽天取り扱い商品を手軽にアフィリエイト販売して、報酬を得る事が出来ます。

楽天はとにかく売りやすい
それは商品が”必要とされる”物だから

楽天アフィリエイトでは手広く商品を販売して、副業収入を得られます。ほとんどの商品は料率1%(つまり、100円売れて1円の報酬)なので「薄利多売」を目指す事が楽天アフィリエイトで稼ぐコツと言えます。楽天アフィリエイトはとにかく「何でも」売る事が出来るのが特徴であり、大きなアドバンテージです。


キャベツ1玉から


クラウンの新車まで

ちなみに凄いモノ見っけちゃいました♪
これ1個売れれば20万円です。
スペシャル腕時計
└買わなくていいんで見るだけ見てください(笑)

矢印初心者ガイド
└アフィリエイトするなら一度目を通しましょう。

楽天アフィリエイトで副業するなら
憶えておきたい最低限のルール

楽天アフィリエイトでは様々な規約があり、情報商品の販売アフィリエイトなどと比較すると厳しい印象を受けますが、楽天というこれだけの巨大企業から広告を受け取り、販売するという社会的責任の大きさを考えればごく当然の事と言えます。

・リンク改変不可
・リンク短縮不可(Twitter投稿時は自動で短縮される)
・掲示板サイト、Q&Aサイト、動画投稿サイト不可
┌掲載不可のサイト一覧
├2ちゃんねる
├Yahoo!知恵袋
├教えて!goo
├OKWave
├YouTube
├ニコニコ動画
├アダルトサイト
└その他、楽天が掲載を禁止するサイト
これだけ守ってれば問題ないと思います。
ちなみに上記「腕時計」はリンク改変で違反ですね(笑)

報酬は3000ポイントまでは現金化不可
3000ポイント以上は楽天キャシュで現金化OK

楽天アフィリエイトの成果は末締め、翌々月10日支払い。
3000円までは楽天ポイントで、3000円以上が楽天キャッシュとして換金可能です。

  1か月間の楽天キャッシュ

累計使用上限額

1回の楽天キャッシュ

使用上限額

購入する10万円10万円
付与を受ける設定なし100万円
対象サービスで使用する100万円10万円

この表からいくと、楽天キャシュをいくら稼いでも100万円分までしか受け取れないのかな?そんなに稼いだ事ないから分からないです(笑)上限なしの方で考えれば100万円分以上の楽天キャッシュ貰えるんだろうし、1か月に1回付与だから、1回につき100万円限度ルールで100万円までなのかなって。教えて偉い人!(教えて楽天で100万3000円以上稼いでる人!)

楽天キャッシュ 上限と手数料

楽天ポイントクラブ内、楽天キャッシュルールからの画像だと、上限100万円ですね。いやーそんな訳ないでしょ。法人は別扱いってか。どなたか教えてください、法人で楽天広告ご担当者様!

しかし法人はおろか個人でも、100万円の報酬(つまり単純計算で1億円の売り上げ)も十分可能なのが、この楽天アフィリエイトの恐ろしい所です。何せ売れやすいんですよ。

正直私ごときのしょぼいエセアフィリエイターでも、下記の画像のように1か月120万円、130万円と売り上げを建てる事も出来るところがこの楽天アフィリエイトの凄い所です。

私くらいだと3000円分の楽天ポイントは買い物で使い、楽天キャッシュの10000円分は換金して美味しい物でも食べたような記憶があります。(なにせ6年も前の実績です・・・)

売れやすい広告をサイト・ブログ化
それだけで売れる「商品の力」

楽天アフィリエイト 2011年売上

画像はお恥ずかしながら、私の2011年の売り上げです。
12000ポイントって事は、最低120万円分売れてるんですよ。
しかも、ガラケー向けの大した事ないサイトでしたよ(笑)
今はそのシステム自体無くなり、売り上げ悲惨ですが(爆)

ちなみに、
スマホで副業する際に検討したいガジェット
└こちらの画像は全て楽天アフィリエイトの広告。

シャレで載せてみました。
商品を指定して、すぐに画像かテキストで広告を取得出来るんで便利です。ただ、冒頭で申し上げた通り・・・

1.楽天市場で商品を検索し
2.検索結果のページURLをコピーし
3.楽天アフィリエイトでリンク作成にペースト
4.出力されるのがアフィリエイトリンク

という、市場→アフィリエイトという
サービス移動が、パソコンのメモリを食います。
ちょっと面倒なリンク作成ですが・・・

とにかく売れやすい。
商品集めてSEO対策すりゃ売れる。

ただし、リンク切れには注意が必要です!
理由としては・・

中古品 在庫が無くなれば終了
季節品 季節が終われば来季までなし
激安品 在庫無くなり次第終了
ショップの都合 ショップ自体がなくなる
輸入品 出荷元がアテにならない
離島産の物 海運の事情で遅れ・又は商品なし

とにかく膨大な数の商品があるだけあって、生産者や販売者の都合も千差万別です。当然ですが東日本大震災の際にも多くが影響を受け、リンク切れ・もしくは販売停止・輸送不可になった事は(当たり前ですが)付け加えておきます。

楽天サービスの強み「あす楽」
これだけ集めて販売しても面白いかも

楽天市場では昼12時までに注文すれば翌日商品が届く「あす楽」サービスを展開しています。
あす楽対応エリア

この「あす楽」対応商品を対応エリア向けにアピールするサイトなりブログを作成出来たら、人気が出るかも知れないとふと思いました。キーワードでいくらでも商品は拾えるので、可能なはず。

WordPressで楽天アフィリエイトするなら・・・

矢印「wp-rakuten-link」を楽天APIの更新に対応させた。
矢印5分で作れる!楽天アフィリエイトサイト

このあたりが参考になります。

アプリID/デベロッパーIDの確認
2012年6月に変更になっています

矢印アプリID/デベロッパーIDの確認
└楽天ウェブサービスで確認します。

昔はデベロッパーIDと呼んだのですが、今はアプリIDと呼ぶんですね。知らなかった(笑)Wordpressのプラグイン使用の際には入力する欄が有りますので、コピペで間違いなく入力しないとアフィリエイト報酬が発生しません。

様々な広告取得方法
ブログやサイトのスタイルに合わせよう

楽天アフィリエイトでは広告を画像のみ、テキストのみ、画像+テキストでそれぞれサイズ変更が出来るほか、モーションウィジェットも作成出来ます。ただし広告のスタイルは今一つ評判が良くなく、

矢印楽天APIで簡単アフィリエイト

こちら様のようにAPIを駆使して綺麗に作成出来ればポイントが高いかも。私にはこのような技能は無いので羨ましい限りです。私もそのうち勉強して、こんな美しい表示のサイトを持ってみたいものです。

WordPressで楽天アフィリエイト
便利なプラグインの使用方法

矢印WP Rakuten Link
こちらからダウンロード

※ただし、ちょっと加工が必要。

楽天市場~楽天アフィリエイトを行ったり来たりを頻繁に繰り返すのが面倒な方は必携とも言えるプラグインです。が、2017年2月27日の段階ではパッチを当て修正された.phpを使用しても、楽天Booksの商品は取得出来ませんでした(泣)

一応動作する所までは出来たので、
流れをまとめておきます。

WP Rakuten Linkをダウンロード

rakuten_link.phpを差し替える必要が有ります。
場所は
wp-content
-plugins
--wp-rakuten-link
---rakuten_link.php

WP Rakuten Linkがエラー。楽天アフィリエイトプラグイン「wp-rakuten-link」を楽天APIの更新に対応させた
└こちらに伺って、一番下の「ダウンロード」から修正版「rakuten_link.php」をダウンロード。

.tarファイルなので
LHaplusなどで解凍しましょう。

rakuten_link.phpをFTPでアップロード。

以上でWP Rakuten Linkが使えるようになります。

もしくは、【WordPress】WP-Rakuten-Linkが使えなくなった!?【対処法】こちら様に修正済みのrakuten_link.phpがコピペで書き換え出来るように.txtファイルを掲載されていますので.tarファイルでは面倒だとお感じの方はこちらから修正済みテキストを有難く拝領しましょう。

で、使い勝手は・・・

・SiteOrigin Editorでは使えない
・どちらの修正バージョンでも楽天ブックスが×
・キャッシュを削除しても画像だけ残ってしまう

など、少しだけ(私の利用環境のせいかも?)不具合があり、
残念ながら今現在はプラグインを停止しました。

楽天アフィリエイトで稼ぐには?
副業には最適だと思う3つの理由

では、実際に楽天アフィリエイトで稼ぐ副業方法を考えていきましょう。楽天市場の商品は何度も言いますが、売れやすい事が強みで、これは副業で稼ぎたい人には絶好の材料です。「必要な物を購入出来る、商品の豊富さ」が楽天市場の商品をアフィリエイトして稼ぐ、副業に最適な方法だと思う第一の理由です。

第二の理由、それは「紹介のしやすさ」です。
・欲しい物が楽天なら買える
・楽天ならポイントが貰えてお得だ
こういった良いイメージが定着しています。

第三の理由は、薄利多売が出来る点です。
販売し易い商品を大量に購入して貰える可能性があるのは楽天だけではないでしょうか。基本料率が1%ですから、1000円購入されても10円しか貰えない訳ですが、関連した商品を購入して貰えるような広告の配置を考える行為自体が勉強になりますし、お客さんの購買意欲という物はこちらの予想以上に貪欲で、広告リンクから入って全く違う商品を購入してくれたり、膨大な種類の商品を扱える強みが存分に発揮されるのが楽天アフィリエイトの強みです。

なお、楽天はcookieが30日間残りますので継続的な売り上げが見込める点も良いですね。(Amazonは24時間しか有効期間がありません)

■商品名+通販

さて、ウェブサイトやブログで副業として楽天アフィリエイトを取り扱う場合、非常に売れやすい商品である事から「シンプルな集客」でも商品は勝手に売れます。シンプルに「靴の通販 激安」とかのタイトルのブログ・ウェブサイトでもある程度検索エンジンで上位に表示されれば、訪問者が勝手に買ってくれます。

ただし、こういった「ビッグキーワード」は上位表示させるのはなかなか難しいものです。実際の構成としては、トップページでビッグキーワードを狙い、子ページ・記事でマイナーなキーワードを狙いつつ、ビッグキーワードをサポートする構成としてゆけばページ数を増やせば増やすほど、ある程度の集客が可能になる検索順位までは上昇します。

内容の薄いページでは、集客出来ない
集客出来ない=売り上げが上がらない。

一つの例として・・・

「靴の通販 激安/アウトレット」がトップページならば、
子ページや記事はこんな感じの構成。

・フェラガモの靴|イタリアの靴特集【激安】
・靴ひもの結び方|正しく靴ひもを結べていますか?
・靴のお手入れ方法|梅雨の時期こそケアしたい革靴
・楽天で買えるオシャレな靴の特集・2017春
・靴を買うなら楽天がイイ!Amazonと楽天の「靴」徹底比較
・吉田カバンは「カバン」だけじゃない!靴にも注目!
・50'sデッキシューズ特集|靴はやっぱり素足履き
・サンダルで授業参観?|靴のお悩みQ&A
・靴と靴下のコーディネイト|嫌味にならない冠婚葬祭着こなし

などなどなどなど。
いくらでもできる。

靴一つで御殿が建つのでは?
楽天アフィリエイトは無限大の可能性と言えます。

もちろん先刻申し上げた通り、「リンク切れ」、つまり広告の商品が売り切れた、マイナーチェンジで新しい商品に切り替わった、販売者が商品を取り下げた、その他何らかの事情により、広告が機能しなくなる事が痛手となります。作ったページを再度ケアしなくてはならない事は正味なところ時間のムダ。

■検索結果を主体にする

ではリンク切れにならない方法は?
検索結果をメインに使えば良いですね。

楽天市場で商品を検索
検索結果のページのURLをコピー

楽天アフィリエイトでURLを出力
先程コピーしたURLをリンク作成欄にペースト

この出力結果を使用する
(例) GTR 車高調
これが検索結果のアフィリエイトURLをリンクにしたものです。

特定の1つの商品は、リンク切れになればそれまでです。何か他の広告リンクに差し替えなければいけません。しかし、検索結果を表示させるようにしておけばリンク切れは起こらない上、類似商品を訪問者に自由に選んで貰う事ができ販売の幅がぐっと拡がる、という訳です。


アクセスを増やすには?|SEO対策など副業で稼ぐ為に行っておきたい集客手順

アクセスアップ

アクセスアップは永遠の課題
副業で稼ぐには「集客」が不可欠

ネットで副業するなら、お小遣いサイトから始めて広告の見せ方を学習し、アフィリエイト広告会社と提携して広告を取得、Wordpressで広告を掲載したブログ運営が良いのではないかとこちらのページで書きましたが、肝心の「集客」はどうしたら良いのか?と疑問に思われる方も多いと思います。

WordPressを使う限りは

矢印良い記事を大量に作成
これで、大量に訪問者は来ます。
これは基本の「キ」として覚えておいてください。

ただ、一生懸命情報を発信しても必ず人の目に留まるとは限りません。記事・文章を書いて副業収入にするポイントも参考にして頂きたいのですが、「ただ発信する」のではなく「訪問者が見易く、有益な情報を得られるように」文章や記事を作成し発信する事が重要です。私なんかは1ページで完結させちゃう派なんで、訪問された方からすれば「まとまっていない」「支離滅裂だ」「1ページが長過ぎる」「もっと簡潔にまとめろ」など、様々なネガティブな感情を持たれる方も多いと思います。

このページではWordpressでブログ・ウェブサイトを運用して副業収入を得る事を前提に、記事や全体の作成時に行っておくべきSEO対策だったり、公開後に行いたい集客の方法や手順を説明します。アクセスを増やして訪問者を呼び込み、自分が設置した広告やお小遣いサイトの紹介URLをクリック・タップして貰う為の総合的な「アクセスアップ」として参考までに。

WordPressで体裁が整ったら
「公開」する前にしなくてはならない事

WordPressで作成を進め、あらかた済んだら公開します。私としては30記事くらい作成してから公開したら良いのではないかと考えていますが、別に決まりはありませんし閲覧されても構わないだけの体裁が整ったら公開しましょう。ただし、公開前に必ず行っておきたい儀式が終わってから!

なお、プラグイン「PubSubHubbub」をあらかじめ有効にしておけばGoogleに対して素早くインデックス(掲載)する事も可能です。Yahoo!はGoogleに申請すればほぼ同じように掲載されるので、Yahoo!に個別に掲載の申請を行う必要はありません。

参考:Googleの検索エンジンに素早くインデックスできるWordPressプラグイン

■All in One SEOの設定

プラグイン「All in One SEO」の設定をお忘れなく。

タイトル
ディスクリプション(説明文)
キーワード(あまり重視されない)
サイトマップをアクティブ化
ソーシャルメディア アクティブ化

■JetPackの設定

プラグイン「JetPack」の設定もしておきます。

パブリサイズ ON
└予めSNSアカウントと紐付けが必要

Photon ON
└画像表示のスピードアップ

■Revive Old Postの設定

プラグイン「Revive Old Post」でTwitter、Facebookに記事を自動投稿するなら、これも設定しておく必要があります。無料版でTwitterとFacebookは紐付けし、自動投稿する事が出来るので便利です。


矢印誤字・脱字がなければ公開しましょう。

■公開しながら「はてなブックマーク」

公開しながらはてなブックマークに登録します。

予めTwitter、Facebook、Mixiなど紐付けしておくと公開したページや記事がSNSで公開・拡散される為SNSを前もって関連付けておきましょう。また、面白い記事、ためになる記事、注目に値する記事ははてなブックマークユーザーからブックマークして貰える事もあります。(一定数を超えると新着ブックマーク欄に表示される為、急激なアクセスアップも見込めます。)

JetPackでパブリサイズ「ON」なら公開時にTwitter、Facebookは投稿されています。重複するのが嫌ならJetPack側をOFFにするか、はてなブックマークでブックマークする際にTwitter、Facebookのチェックを外します。

はてなブックマーク登録

■公開しながらGoogle+に投稿

あまり意味がない、検索結果の順位決定づけに意味がないと言われる「Google+」ですが、一応投稿しておきます。フォロワーが多かったり、ツボにハマる画像や記事だと+1されて一時的なアクセスアップに繋がります。

■お好みで他SNSにも投稿

正直効果ないので(笑) ほかSNSはお好みで投稿・シェアします。


矢印公開が終わったら 最初にするか、この時点でするか、 別に気にしなくて構いません。

Googleサーチコンソール
└プロパティ(URL)登録、サイトマップ送信

Googleアナリティクス
└サーチコンソールと紐付け、後でも構わない

直接URLを登録申請
└URLを詳しく管理しないならこれだけ

BingにURLを登録申請
└BingにURLを登録申請

Bing ウェブマスターツール
└サイトマップ送信・詳細管理

Baidu(百度)
Sogou(搜狗)
360搜索
Yandex

上記は中国とロシアの検索エンジン。 登録するか、しないかはお任せします(笑)
日本語ドメインはpunyコード変換が必要です。


ブログは立ち上げ、検索エンジンも登録した
それでもアクセスが集まらない場合は?

ここまでの作業で登録・申請の作業は終わりです。
プラグイン「PubSubHubbub」を使っていれば早期インデックス(掲載)され、検索すれば自分のブログ・ウェブサイトが表示されるかも知れません。

ここで気になるのはその「掲載順位」。
例えば・・靴の通販サイト
楽天アフィリエイトで作ったと仮定して説明します。

wordpress アクセス統計

「通販 激安」
「靴 安い」
「安い靴 あす楽」
「靴 すぐお届け」
「靴の通販 配達が早い」
「フォーマル 靴」
「靴 フォーマル 通販」

「靴」「通販」「靴の通販」で検索して1位ならば、何の苦労も要りません。この後も「靴」「通販」「靴の通販」のキーワードを使いながら記事・ページを増やしていけば良いだけです。

※キーワードの使い過ぎは逆効果!

でも、大概は思う通りにはいきません。
頑張って作ったなあ~、疲れた・・・
と思っていても、20位~30位くらい、
検索して来てくれる人がほとんど居ない・・

ではここから、アクセスアップとサイト・ブログ改善に取り組んでみましょう。記事を増やす努力以外にも出来る検索エンジン対策・アクセスアップ方法は沢山あります。

■ページの読み込み速度が遅すぎない?

ページにアクセスした際に「ページが重い」「画像を使い過ぎて読み込みに時間が掛かる」場合には軽量化して、読み込み速度を改善しましょう。読み込み速度が遅いと検索エンジンでの検索順位にも関係し、快適に素早く読み込めるページは優遇される傾向にあります。

PageSpeed Insights
GTmetrix
└この2つで現状を測定しましょう。

・サンプル
お小遣いサイトで副業を始めよう

http://fukugyo.business/副業収入を得る|お小遣いサイトで副業/ http://fukugyo.business/%E5%89%AF%E6%A5%AD%E5%8F%8E%E5%85%A5%E3%82%92%E5%BE%97%E3%82%8B%EF%BD%9C%E3%81%8A%E5%B0%8F%E9%81%A3%E3%81%84%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%81%A7%E5%89%AF%E6%A5%AD/

pagespeedinsights モバイル

pagespeedinsights pc

GTmetrix

お、遅すぎる・・・(笑)
ちなみに「サーバーの応答速度」は一定ではありません。その時の通信状況により変化します。ユーザーとして出来る努力は「高速のサーバーに乗り換える」以外には次のような方法があります。

画像の容量を低減
cssの最適化
Javascriptの最適化
Cacheを活用して高速化

ここでは「WP Fastest Cache」
プラグインを入れて実験してみます。

参考:WordPressキャッシュプラグイン「 WP Fastest Cache」

WP Fastest Cache 設定

WP Fastest Cacheの設定はこのようにしました。
下の画像が導入後の測定結果画面です。

pagespeedinsight プラグイン導入後(モバイル)

pagespeedinsight プラグイン導入後(PC)

GTmetrix プラグイン導入後

スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングを
ブロックしている JavaScript/CSS を排除する

これがもうね(笑)
いつもお叱り頂く訳なんですが・・・

パソコンから閲覧した場合のページ読み込み速度がPageSpeed Insightsでは大幅に改善しました。主な訪問元・対策しておきたいモバイル向けがあまり芳しくないのですが、まず高速化の第一歩としては成功でしょう。

pagespeedinsights モバイルのみ更に「JavaScript to Footer」というプラグイン。
フッター部に自動で重い処理を移動させちゃいます。

画像間違ったかな?
77%まで、改善しました。

なお、ここでは警告が出ていないのですが、モバイル表示向けに画像のサイズを最適化していませんのでその作業をすれば恐らく、かなりモバイルの表示速度が改善すると思います。

矢印WordPressブログの表示高速化に高速化の続き。
└簡単なのでやってみてください。


外部からの「被リンク」
昔は効果が大きかった

さて、ここからはちょっと指向を変えます。
「昔か」と言われるアクセスアップ方法。

■被リンクは重要?

以前は何より重要とされた「被リンク」
外部から自分のページに向け貼られたリンクです。

2017年現在、「まあまあ重要」としか言えません。
あまりに扱いが難しいからです。

2012年頃までは「被リンク」を大量に受けていれば、検索エンジンで検索順位の上位に掲載される事も容易でした。しかし、その後Googleは被リンクを重要視しない・検索順位の決定付けに使用しない方向へと転換し今に至ります。今の流行は「内部リンクを訪問者が迷わないよう便利に用意する」事と「訪問者に役立つ良質なコンテンツを用意・提供する」事です。

「内部リンクを訪問者が迷わないよう便利に用意する」
└Wordpressを利用すれば簡単、誰でも出来る

「訪問者に役立つ良質なコンテンツを用意・提供する」
└NAVERまとめでも分かる通り、「コピペ」でも通用してしまう

この2つって、誰でも出来るんです。
2つ目は「優秀なまとめ記事」ならコピペでも怒られません。
(基本的にコピペ・流用・盗用はダメですよ)

では、どうやって他人と差を付けるの?
どうやったら上位表示され、アクセスアップ出来るの?

記事・ページの多さ
そして優良な被リンクです。

結局被リンクなんですよ(笑)

記事・ページの多さ
└誰でも出来ます。統一性を持った(あるキーワードを狙う、という意味)でページ・記事を増やしてゆけば100ページや200ページは誰でも作成出来ます。この過程でWordpressならば勝手に「記事一覧」「過去記事」「タグ」「記事の検索結果」などのページが作成されて内部リンクが充実していきます。ここがWordpressのアドバンテージと言える点です。

優秀な被リンク
└例えばGoogleやYahoo!のトップページからリンクされたら・・

有り得ない事ですが、そんな著名サイトのトップページから直接リンクされたならば、被リンクの効果は絶大なものとなります。ページの隅々までインデックスされ、その掲載順位はガツン!と上がります。

そんな優良・効果絶大な「被リンク」に近いバリューを持つとされた「Yahoo!カテゴリ」や「クロスリスティング」などのディレクトリ掲載にお金を払う、それに準じた「有料で被リンクを買う」行為が横行した事により、Googleは徐々に方針転換を余儀なくされた訳ですが・・・被リンクの概念を言い出した張本人はGoogleだからね!

今でこそ「ページランク」などの被リンク量の指標を無かった事にして優良なコンテンツを増やしなさい、と人心操作している感がありますが・・・被リンクの重要性はその優先度が下がっただけで、今もこれからも検索順位の決定付けの重要な要素である事に変わりはありません。

優先度の問題です。
人に有益な、オリジナルコンテンツ
これが一番重要である事には変わりませんが・・・

■優良な被リンクを得るには?

自分で被リンクを獲得するなら、

宣伝掲示板に書き込む
違うサイトやブログを作りリンクする
ランキングサイトに参加する
リンク集に登録する
ソーシャルブックマークに登録する
中小検索エンジンに登録する

これらをとにかく数こなし、上位表示出来た時代は有りました。今はこのような自力で被リンクを付ける方法は往々にして「ブラックハットSEO」などと呼ばれ”過去の手法であり、効果は小さい・もしくは逆効果だ”と言われています。

それに対して「ホワイトハットSEO」とは?
ペナルティを食らわない効果的な方法とは?

記事を増やし内部リンクを充実
オリジナル文章・コンテンツの提供
外部にリンクを出すなら関連性の高いサイトに
SNSで話題とされる内容
自然とブックマークされる内容
定期的な更新・情報の追加

こんなとこが最近しつこく言われている内容です。
自分で被リンクは止めておけ、という事です。

本当にそうか?
疑問に思わなくて良いのか?

不自然に一か所からの被リンクを受けたりすると、ペナルティを食らい最悪検索エンジンに掲載されない、検索結果から除外される事もあります。また、あまりに内容が薄いページばかりだと、そのドメイン自体掲載されなくなる事もあります。(私は過去これで楽天アフィリエイトの売り上げを全て失いました。トップページとごく簡単な商品陳列欄を載せただけの”ペラページ”を量産」したお馬鹿さんが居た為)

・やってはいけない被リンクの付け方

限られたドメインから大量のリンク
ドメインは違うがIPが全く同じリンク
Googleから除外されているドメインからのリンク
毎日大量に増やす不自然なリンク

・問題がない、むしろ評価を上げる被リンク

いろいろなドメインからの被リンク
IPアドレスが異なる被リンク
Googleから高い評価を得ているページからのリンク
不定期に少しずつ増えるリンク

矢印URLからIPアドレスを調べる

被リンクを増やす≠検索順位を上げる
なのですが、最終的には被リンクの差で検索順位は上がる事もあり、下がる事もある重要な要素である事は間違いありません。外部リンク対策は少しずつ慎重に進めてください。「はてなブックマークされたら、検索順位が大幅に上がった!」「はてなブックマークで100ブックマークされたけど、検索順位はビタイチ変わらなかった」など、効果は一概に現わせるものではありません、非常にデリケートな部分なので、優しく、慎重に取り組むべき点と言えます。


「アクセスアップの為なら何でもやりたい」
そんな方を、ネットは寛容に受け入れてくれます

アクセスを増やして、何としても副業の収入を伸ばすんだ!とお考えの方は多いでしょう。当たり前ですよね、せっかく取り組んだ作業がムダになる事は悔しいですし避けたいものです。

ここでは「ページビューを増やす」
アクセスアップのコツと早道について、
簡単な方法から、用意周到に仕込みが必要な方法について少しだけご紹介しておきます。ページビューを増やす事が即、副業の収入を増加させる事には繋がらないかも知れませんが、実践してゆく事で「売り上げを増やす為に行うべきアクセスアップの方法」が自然と分かって来るのではないかと思います。日々の作業に「取捨選択」を。

■全自動・半自動アクセスアップ

トラフィックエクスチェンジ
全自動アクセスアップ
トラフィックギア
トラフィックバトル
オレンジトラフィック

これらは「機械的な単純作業」でページビューを増やせます。この「ページビューを増やす」事の意義について考える事が出来る貴重な経験となる事は間違いありませんので、参加して必死でポイントを貯め自分がページビューを増やしたいブログなり、ウェブサイトなりを宣伝してみてください。

最強の副業収入になり得る無料アプリのページの中ほどにこういった「アクセス交換サービス」を興味も持って見てくれるアクセスに変換する方法についても少し言及していますので、参考にしてください。

■ブログランキングなど、ランキング参加

最近でこそ「ランキング」まあ一部のブログランキングですね。
SEO対策にもブログランキングが良い!なんて良く見ます。

昔からある「ランキングサイト」
ガラケーの頃は良くお世話になりましたよ。

以前検索エンジンがまだあまり認知されていなかった頃、携帯(ガラケー)からウェブサイト(ホームページとよく呼んでいましたよね)にアクセス、もしくは探すなら「ランキングサイト」に行っていませんでしたか?

私がお世話になったのは・・・

imode BEST100
ezweb BEST100
softbank BEST100
└best100.jp(3キャリア振り分け)
AWALKER
└rank.awalker.jp
カリスマモバイル
└www.charisma.ms
Seeker

なんて、懐かしく感じた方~??
昭和何年生まれですか~~~??

best100.jpなんかはYahoo!カテゴリサイトですから、(今はどうだか知りませんよ?)被リンク獲得目的でも優れているのではないかと当時思いました。(2008年だか2009年くらいですかね)

■ランキングサイトの仕組み

ランキングサイトへ登録
ランキングサイトに登録すると「投票タグ」が発行される。この投票タグをサイトやブログに設置し、訪問者がこのタグをクリックする事により「1票」投じられる。これを「INカウント」と言う。

ランキングを競う
投票タグがクリックされた回数を登録サイト同士で競い、カテゴリ別の順位を決定してゆく。リアルタイム・1日ごと・1週間で順位はリセットされ、集計をやり直す。

投票が多ければ目立つ
投票タグが沢山クリックされれば、集計で上位となり目立つ事が可能。ランキングに訪れた訪問者が上位サイトに興味を持ち、訪問する可能性が高くなる。これを「OUTカウント」と言う。

ランキング同士「相互登録」が可能
ランキングサイトの特性を活かして「相互登録」をする事でアクセス数を意図的に増やす事が可能。1日10万PVとか、ランキング運営上級者は平気でサーバーに意味なく負荷を掛けていた。

■ランキングサイトはこうして滅亡した

不正・アクセス水増し
ランキングサイトは気軽にレンタルでき、ユーザーの意図するメインサイトにアクセスを流す構成を作るのに容易だった事から大量のランキングサイトが一部のユーザーの手によって量産され、その事が1つ1つのランキングサイトの存在意義を薄めていった。また、OUTカウントを水増し表示してランキングサイトへの参加を促す「不正」が横行し、ユーザーが離れて行った。

検索エンジンの普及
GoogleやYahoo!、Gooなどの検索エンジンを携帯で標準で利用出来るようにdocomo、au、softbankが「トップメニュー」に検索窓を設置し始める。これにより「ランキングサイト」から不便な思いをして探し物をする必要がなくなり、検索エンジンの便利さが一般的に広く浸透し始める。と同時にランキングサイトの利用が激減する。

Googleから嫌われるランキング
Googleの「同じドメインは2つしか掲載しない」ルールからレンタルシステムの弱点を突かれ、検索エンジンからランキングへ流れるアクセスが激減。また、コンテンツが極端に少ないページ形式も災いして検索エンジンの検索結果からレンタルでのランキングサイトが姿を消し、事実上自力での複数ランキング運営でしかアクセスを回せない形となった。

一般ユーザーのランキングサイト離れが深刻化
不正アクセス水増し、不適切なアダルト広告への誘導、参加してもOUTカウントを貰えない利用価値の低さなどから一般ユーザーの「ランキングサイト離れ」が深刻となる。同時に「検索エンジンで訪問して来た訪問者の成約率はランキングサイトの比ではなく高い成約率だ」とのアクセスの質が問われる時代に突入し、ランキングサイトはその役割を終える。

ま別に終えてないですけどね(笑)

2017年時点で生き残っているレンタルランキングを
探しながら挙げてみる事にします。

■レンタルランキング一覧

RAnk NAtion
KRANK
MEGA Rank
ぺたランク
RANKS!
レンタルランキング.com
Mrankのはず・・
MOBILE-RANKING
携帯ランキングDX
ランクちゃんねる
00レンタルランキング
モバスタランキング
ランク大臣
アクセスランキング
alicerank
ランキング503
Rank-P
MOBI-RANK

これ以上探せませんでした。
それと、全てレンタル出来るか分からないという(笑)
最盛期はこんな数じゃ済まなかったです。

さて、これだけランキングを並べて何が言いたいかというと、「今こそランキングも有りかもね」という事です。量産するのではなく、1つ1つ丁寧に作成かつ、子ページ・フリーページを出来るだけ作成して「ランキングサイト一つにも極限まで丁寧に、意味を持たせるように作成する」という前提が条件となりますが。

ランキングを自分で運用する目的は・・

矢印直接アクセス

ランキングの目立つ場所に意図するブログやウェブサイトに誘導するリンクを設置し、ランキングサイトから自分のページへの道を作ります。関連性のあるキーワードならば、誘導も可能なはずです。

矢印間接アクセス

上に挙げたランキングはドメインもIPアドレスの違うはず。18種類挙げましたからここから全てリンクさせれば、18種類のドメインとIPアドレスから被リンクを得られる事になります。

■どうせランキングサイト使うなら

徹底的に鍛え上げてください。

・子ページを大量に作る
└作れないレンタルもあります。

・作ったランキングを既存のランキングに登録
└少しでもアクセスを貰うため

・作ったランキング同士を相互登録

[相互登録とは?]
ランキングAにランキングBを登録→投票タグ(1)が発行される

ランキングBにランキングAを登録→投票タグ(2)が発行される

ランキングAに行きランキングBの登録URLを投票タグ(1)に差し替え

ランキングBに行きランキングAの登録URLを投票タグ(2)に差し替え

これで、お互いINカウントを増やし合う事が出来ます。
ランキングの常套手段ですので(笑)

ちなみにこの「相互登録」、
他の方の作ったランキングサイトでも使えます。
ただし「相互禁止」という注意書きがある場合は
遠慮しておいた方が無難でしょうね。

■ランキングは[OUT]が命

ランキングサイトに参加する目的は「アクセスアップ」。
つまり、いかに「OUTカウント」を貰えるかです。
言い換えれば「どれだけ訪問者を回して貰えるか」です。

ここが正直難しい所です。
昔のようにランキングサイトでサイト探しをしていた方が多く居れば、それなりにOUTも出せるんですが、今は難しいのではないでしょうか。商品を買ってくれるアクセス・広告を利用してくれるアクセスをランキング参加サイトに還元するのは、至難の技・・・というより不可能に近いのではないかと考えます。

こういった「見た目だけのアクセス」だから廃れたシステムなのであり、皆さんが「SEO対策」に流れた理由であるのですが、このようなシステムを上手に活用し「活きたアクセス」に変換する方法が無い訳ではないと思います。

構成・属性・キーワードで濃い流れを作る。
このシステム全体でSEO対策・集客対策を考える。
まあもの凄くクリエイティブというか、遠大というか・・・

例えば作成したランキング同士を全て相互登録し、
そのうち一つを前述したアクセス交換サービスにかける・・
すると、全自動PVアップシステムが完成しますけどね。

ただ、そこまで苦労してシステムを運用し始めたとして、果たして「副業として、売り上げアップに繋がるだろうか?」と時間や労力・費用対効果について考えてみてください。果たしてその作業は効果の面で、労力に見合う物なのだろうか?今やるべき作業はこれで良いのだろうか?という事を意識しないとダメだと思います。

多くの方が「ランキングはもう死に体だ」と見切りを付けて、Wordpressでの記事増産が良いとの結論に賛成している中、こういった「一見回り道・遠回り」と思える作業の中にも、収入を伸ばす鍵が有るかも知れないですよ?

(保証は致しかねます。ハイ。)

そして、ランキングの最終形は「イメタグ水増し」(笑)
これでもう騙されちゃう訳なんです。

ここでは方法は書きませんが、
ランキングサイトを構成すれば、見た目上のページビューはいくらでも増やせます。この「意味のないアクセス」で月極め広告を掲載して「月●●万円稼いでいます」なんて自慢している間抜けも居た事は事実です。大らかな時代でしたね(笑)今は成約率が問われる時代。この「見掛け上のアクセス」を活かすも殺すも使い方次第。結果から(広告にアクセスさせ、成約させる)逆算してシステマティックに組んで行く事で、ランキングサイトも活躍するのではないでしょうか。